あきびと野遊び雑記

すぐ飽きて、おまけに面倒くさがりな私の野遊びの記録です。

一本杉園地キャンプ場 その46

キャンプ仲間のTさんが一本杉でロシア製薪ストーブ・ポシェホンカのテストをするというので行ってみた。ついでにDDハンモックにアンダーブランケットを取り付けるテストと薪ストーブのすき間対策をやってみた。

Tさんのポシェホンカ。無骨感あふれる薪ストーブ。

f:id:akibitokun:20220927105051j:image

ブリキ缶を横にして穴を開けただけのような簡単な構造なのに、とんでもない火力を発生する。見に行ったときは燃焼セーブ中だったが、この後、本気モードに移ったらしい。

f:id:akibitokun:20220927105047j:image
f:id:akibitokun:20220927105033j:image

火力調整蓋を付けるとブタの鼻みたいでおもしろい。

f:id:akibitokun:20220927104948j:image
f:id:akibitokun:20220927105026j:image

Tさんとコーヒーを飲む。今日はTさんにレンメルコーヒーを淹れていただいた。やはりレンメルコーヒーは複数人で楽しみたい。

f:id:akibitokun:20220927105059j:image
f:id:akibitokun:20220927104935j:image
f:id:akibitokun:20220927104944j:image

いつもの場所にハンモックとティピーテントを張った。

f:id:akibitokun:20220927105121j:image

ハンモックにアンダーブランケット(アンブラ)を装着してみる。

f:id:akibitokun:20220927105055j:image

ネットの動画で取り付け方法を調べ、装着後、同じアンブラを使っているTさんに正しく装着できているか確認してもらった。

f:id:akibitokun:20220927105022j:image

アンブラを取り付けたハンモックに横になると背中が暖かい。これがあれば寒い時期でもハンモックを楽しめそうだ。

f:id:akibitokun:20220927104927j:image

前回に引き続き、ティピーテントに薪ストーブを入れてみる。

f:id:akibitokun:20220927104959j:image

前回、煙突ガードとテントの隙間が気になったが、100均の焚き火シートとクリップですき間を塞ぐようにしてみた。これでうまく雨や雪を防げるか? あとは実際に試してみるしかない。

f:id:akibitokun:20220927105010j:image
f:id:akibitokun:20220927105117j:image
f:id:akibitokun:20220927104955j:image

薪ストーブでお湯を沸かし、昼食にする。

f:id:akibitokun:20220927105110j:image

昼食は途中のコンビニで買った、あさり弁当とどん兵衛天ぷらそばミニ。

f:id:akibitokun:20220927104940j:image

食後、弓ぎり式火おこしを試してみる。今日は天気がよく乾燥しているので火おこしをやってみるチャンスだ。道具は全部100均で揃えた。

f:id:akibitokun:20220927104931j:image

火きり板にガイド用の小さな穴を開け、火きり棒を弓で引いて穴を広げる。

f:id:akibitokun:20220927105107j:image

穴が黒くなっているが、まだ本格的に火おこしする前の段階。

f:id:akibitokun:20220927105040j:image

ナイフで切り欠きを作り、摩擦熱でできた黒い粉(火種)を落とす。

f:id:akibitokun:20220927104952j:image

火種を集めるために、板の間に乾いた葉っぱを挟む。

f:id:akibitokun:20220927105014j:image
f:id:akibitokun:20220927105018j:image

この時点で火きり棒の先端は真っ黒になっている。

f:id:akibitokun:20220927105043j:image

本格的に弓を引き火種を作る。弓を引いて間もなく煙が出始める。煙が出たら更にチカラを入れてスピードアップする(写真は火種を燃えさしに移した後の状態)

f:id:akibitokun:20220927105003j:image

切り欠きに溜まった火種を麻縄をほぐした燃えさしに移し、息を吹きかける。しかし、着火すんでのところまではいくが燃え上がらない。大量の煙にむせてうまく息を吹き込めなかったり、燃えさしの熱さにビビってしまい、うまく行かなかった。

f:id:akibitokun:20220927105103j:image

Tさんにもやってもらったが、うまく行かない。この後、2人で行う「ひもぎり式」も試してみたが、やはりうまく行かなかった。

f:id:akibitokun:20220927105029j:image

黒い穴だけが増えていく。今日は失敗だったが、何が敗因だったかはなんとなく判ったので次回リベンジしてみたい。こうして苦労して火おこしを試してみると、マッチやライターのありがた味がよくわかる。

f:id:akibitokun:20220927105037j:image

今日の一本杉は家族連れのグループがいて賑やかだった。こんなに騒々しい一本杉ははじめてだ。仲間とワイワイ楽しくやるのはいいが、他のキャンパーのことも考えてほしい。

グループが帰った後はいつもの静かな一本杉に戻った。今日の泊まりは5組。火おこしで疲れてしまい、撤収がキツかった。

f:id:akibitokun:20220927105007j:image
f:id:akibitokun:20220927105114j:image

一本杉園地キャンプ場 その45

今朝の最低気温は7.4度。寒い。今日は曇りがちながら雨は大丈夫そうだ。昨日できなかったWAQのティピーテントAlpha TCで薪ストーブを試しに一本杉に向かった。
キャンプ場のいつもの場所には先客がいた。昨日からの泊まりのようだ。少し上の広い草地にティピーテントを立て、薪ストーブを入れてみた。このテントを使うのは1年ぶりだった。

f:id:akibitokun:20220923163946j:image

フラップの片側を閉めて煙突を出した。

f:id:akibitokun:20220923163830j:image
f:id:akibitokun:20220923163930j:image

ポールは二股化した。最初は付属のポールを使ってみたが、薪ストーブを入れるとポールが邪魔だった。

f:id:akibitokun:20220923163837j:image

内部は広く、薪ストーブを入れても余裕がある。

f:id:akibitokun:20220923163935j:image

BRACKENで買った桜の木を並べてみる。これを半分に切って、さらに半分に割る。

f:id:akibitokun:20220923164004j:image

ぜんぶ半分に切った。手持ちのカーブソー240mmでは非常にキツかった。こんなときにバックソーがあればもっと楽に作業できたのにと思う。

f:id:akibitokun:20220923163955j:image

斧で割りはじめたが疲れたので、一旦中断して昼食にする。

f:id:akibitokun:20220923163855j:image

ダイソーで買った杉の焚き付け材を試してみる。

f:id:akibitokun:20220923163850j:image

今日はロストルの下に着火剤(ベスター)を入れてみた。

f:id:akibitokun:20220923163824j:image

順調に燃えだした。

f:id:akibitokun:20220923163833j:image

煙突ガードに接している部分はかなり熱くなっている。ポリコットンなので大丈夫だとは思うが少々心配だ。それよりも、穴のように空いた隙間が気になる。このままでは雨や雪が入ってくるので何か工夫が必要だ。

f:id:akibitokun:20220923163815j:image
f:id:akibitokun:20220923163950j:image

火が安定してから昼食を作りはじめる。

f:id:akibitokun:20220923163907j:imagef:id:akibitokun:20220923163846j:image

今日は野菜たっぷりの味噌ラーメン。たまごも入っているが沈んで見えない。

f:id:akibitokun:20220923163941j:image

昼食後、少し休んでから薪割り再開。なんとか全部割り終えた。疲れたが良い運動になった。

f:id:akibitokun:20220923163902j:image

ぜんぶ桜の木。ちょっとピンクがかっている。

f:id:akibitokun:20220923163842j:image

テントに入って休憩。薪ストーブにケトルをかけておけば、いつでも熱いお湯が使えて便利だ。今日のコーヒーはキリマンジャロ。涼しくなって、チョコレートのお菓子も持ち歩けるようになった。

f:id:akibitokun:20220923163926j:image

テントへはフラップをまくり上げて出入りする。薪ストーブで内部は暑いが、入口を開けておくと冷たい風が入ってきて心地よい。

f:id:akibitokun:20220923164000j:image
f:id:akibitokun:20220923163912j:image

テントの中で横になって1時間ほどタブレットで本を読む。快適だ。煙突ガードの穴をなんとかすればこのまま冬でもいけそうだ。

f:id:akibitokun:20220923163916j:image

16時に片づけはじめる。掃除に来た管理人さんと雑談していたら急に雨が降ってきた。テントが濡れると面倒なので慌てて倒して車に突っ込んだ。今日は煙突掃除もできず、そのまま収納した。

f:id:akibitokun:20220923163820j:image

17時半にキャンプ場を出たとき、もう薄暗い感じになっていた。明日は秋分の日。以後はどんどん日が短くなり寒くなっていく。外であれこれ試せるのも今のうちだ。

f:id:akibitokun:20220923163921j:image

相の沢キャンプ場 その82

WAQのティピーテント(Alpha TC)で薪ストーブを試しに相の沢に向かった。今日は午前くもり、午後からは晴れの予報だ。相の沢に行く前に、この夏、雫石に新しくオープンしたアウトドアショップ「BRACKEN」に寄った。

f:id:akibitokun:20220923111254j:image

先日お店に寄ったときに、敷地内に積んである木を売って欲しいと交渉したところ、検討していただけることになり、数日後には正式に販売していただけることになった。

f:id:akibitokun:20220923111237j:image

計量カゴから少しはみ出るぐらいまでで1000円とリーズナブル。軒先に積んであった長さ40〜50センチ、太さ5〜10センチくらいの桜の木を計量カゴ1杯分売ってもらった。自分で適当な長さに切る必要はあるが、これだけの量で税込み1000円は格安だと思う。自分で薪割りする楽しみも込みだと思えば、さらにお得感がプラスされる。

f:id:akibitokun:20220923111309j:image

コンビニで昼食を仕入れて相の沢に向かう。途中、小岩井農場を過ぎたあたりから雨が降り始めた。予報では午後から晴れの予報だったのでそのまま相の沢に向かった。しかし、駐車場に着いてからも雨が降り続いている。今日は予定していたティピーテントで薪ストーブを試すのは無理そうだ。せっかく来たので奥の炊事場で焚き火して昼を食べることにした。

キャンプ場にはテントが1張りのみ。だと思ったら、奥にKさんのハンモックオーニングテントが見えた。まさか、こんな雨の日にKさんがいるとは思ってもみなかった。とりあえずご挨拶して奥の炊事場に向かった。

f:id:akibitokun:20220923111242j:image

今日はタープもハンモックもなし。今朝の盛岡は10度を下回る寒さだったが、ここ相の沢はさらに寒く感じられた。早速、焚き火をはじめる。火の暖かさがありがたく感じる季節になった。

f:id:akibitokun:20220923111258j:image

昼食はコンビニのおにぎりと、たんチキ。

f:id:akibitokun:20220923111318j:image

たんチキ、はじめて食べたが焚き火で軽く炙って食べたらうまかった。

f:id:akibitokun:20220923111246j:image

今日は焚き火の調子がよくない。このところ、あまり焚き火台を使っていなかったせいかもしれない。焚き火台はやめて、燃え残りをソロストーブに移した。

f:id:akibitokun:20220923111229j:image

炊事場でKさんとコーヒーを飲む。今日は深煎りのブラジル。

f:id:akibitokun:20220923111250j:image
f:id:akibitokun:20220923111313j:image

寒くて火の側から離れられない。ソロストーブを焚き火台代わりにして薪を突っ込み、ずっと火を眺めていた。

f:id:akibitokun:20220923111225j:image
f:id:akibitokun:20220923111305j:image
f:id:akibitokun:20220923111302j:image

16時半に撤収し、Kさんといっしょにキャンプ場を出た。

f:id:akibitokun:20220923111322j:image

夕方になって青空が広がって来た。早池峰山もきれいに見えた。

f:id:akibitokun:20220923111219j:image
f:id:akibitokun:20220923111216j:image

17時頃、テントは4張り。明日の朝は今朝よりもっと冷え込みそうだ。残暑をあまり感じないまま一挙に秋が深まった。

f:id:akibitokun:20220923111233j:image

岩洞湖家族旅行村 湖畔サイト

お試しで使わせていただいていた薪ストーブだが、Tさんのご厚意で安価で譲っていただけることになった。今日はTさんが岩洞湖家族旅行村の湖畔サイトに行くというので、お支払いを兼ねて行ってみることにした。

今日初めて一本杉園地経由のルートで岩洞湖まで走ってみた。こちらも一部未舗装路はあるが、天峰山からのルートに比べれば未舗装路は約3kmと短い。どちらのルートも国道455を利用するより少し早いが、大幅に短縮されるわけでもない。メインは国道455を利用して、オフロードを走りたい気分のときは天峰山からのルートを使うのがよさそうだ。

湖畔サイトに着くと、すでにTさんは到着していて湖の近くにハンモックを張っていた。今日は湖からの風が強く、設営に苦労していた。

自分も少し離れたところにタープを張り、今日も薪ストーブを入れた。

f:id:akibitokun:20220919161020j:image
f:id:akibitokun:20220919161040j:image
f:id:akibitokun:20220919161025j:image
f:id:akibitokun:20220919161102j:image

Tさんのサイトと自分のサイトの中間地点に伐採した木を集積している場所があった。今日はここの木を使って薪作りすることにした。

f:id:akibitokun:20220919161034j:image

Tさんのバックソーを使わせてもらう。フレームは国産らしいがブレードはスウェーデン製。このバックソーは押しても引いても切れ、ブレードが長いので太い木でも高速に楽に切れるし、おまけに分解して持ち運びもできる。これはスグレモノだ。

f:id:akibitokun:20220919161117j:image
f:id:akibitokun:20220919161047j:image

バックソーと長めの斧のお陰で楽に薪割り完了。岩洞湖に来ると薪が手に入るのがうれしい。

f:id:akibitokun:20220919161111j:image

薪割りのあとは自分のサイトに戻って薪ストーブを点け、昼食にする。

f:id:akibitokun:20220919161030j:image
f:id:akibitokun:20220919161106j:image
f:id:akibitokun:20220919161052j:image

今日はコンビニのおいなりさんとおむすびセット。インスタントの味噌汁も追加した。

f:id:akibitokun:20220919161016j:image

今日は風が強く、タープを張るときに苦労した。特に二股ポールを立てるときに何度かポールが倒れた。まずは二股ポールの足位置をしっかり固定してからポールを伸張してタープにテンションをかけるべきだった。

f:id:akibitokun:20220919161043j:image

この後はTさんのサイトでコーヒーを飲みながら雑談。一旦戻って撤収して、再度挨拶に来たら、ANさんが来ていた。ANさんはピクニック広場でデイキャンだったらしい。湖畔サイトにもキャンパーが増えてきた。ほとんどがファミキャンかグルキャンだった。

f:id:akibitokun:20220919161124j:image

対岸のオートキャンプ場はほぼ満員。17時前に湖畔サイトを出て、ピクニック広場、一本杉園地と、連休のキャンプ場の様子を伺いつつ帰った。

f:id:akibitokun:20220919161056j:image

相の沢キャンプ場 その81

薪ストーブの練習に相の沢に行った。今回はパスファインダー張りに薪ストーブを組み合わせてみた。キャンプ場にはテントが1張りのみ。車で荷物を運びやすいように通路脇の場所にした。

f:id:akibitokun:20220919134533j:image

新しい炊事場の近く。この場所を使うのは初めてだ。

f:id:akibitokun:20220919134507j:image

パスファインダーを張って入口の片側に薪ストーブを入れてみた。

f:id:akibitokun:20220919134547j:image
f:id:akibitokun:20220919134529j:image
f:id:akibitokun:20220919134520j:image
f:id:akibitokun:20220919134604j:image

45度パイプを2つ組み合わせて、できるだけ薪ストーブが内部に入るようにした。

f:id:akibitokun:20220919134542j:image
f:id:akibitokun:20220919134618j:image

もう少しストーブを内部に入れたい。煙突ガードとタープの間はまだ余裕はあるが、ガードが上に来て少々不安定な感じだ。

f:id:akibitokun:20220919134611j:image

片側を閉じると入口が狭くなるため、クリップでタープを引っ張った。

f:id:akibitokun:20220919134511j:image

12時前に薪ストーブに点火。

f:id:akibitokun:20220919134556j:image

今日も順調に燃えている。通路のすぐ側だったので、登山者が怪訝そうな顔をして通り過ぎて行く。「まだ暑いのにもうストーブ?」と皆さん思っていたのかも。

f:id:akibitokun:20220919134608j:image

昼食はいなり寿司とおにぎりのみ。

f:id:akibitokun:20220919134600j:image

食後のコーヒーはキリマンジャロ。お菓子はなし。

f:id:akibitokun:20220919134550j:image

13時半に薪ストーブの熾をソロストーブに移し、どのくらいで冷えるか時間を測ってみた。

f:id:akibitokun:20220919135957j:image

気温にもよるが、今日は約40分でストーブ本体が完全に冷えた。本体が冷える前に煙突が冷えるので、先に煙突を外して掃除しつつ本体が冷えるのを待つのが良さそうだ。今日の様子だけみると、パスファインダーよりはステルスの方が薪ストーブと相性がいいように思えた。

f:id:akibitokun:20220919134537j:image

天気はくもりでパッとしない。

f:id:akibitokun:20220919134517j:image

早池峰山もまったく見えなかった。15時半にはテントが7張りに増えていた。

f:id:akibitokun:20220919134614j:image

一本杉園地キャンプ場 その44

薪ストーブの練習に一本杉に行った。今日はステルス張りに薪ストーブを組み合わせてみる。

f:id:akibitokun:20220919114717j:image
f:id:akibitokun:20220919114700j:image
f:id:akibitokun:20220919114551j:image

煙突ガードがタープから10センチほど離れる位置に薪ストーブを置いてみた。

f:id:akibitokun:20220919114643j:image
f:id:akibitokun:20220919114547j:image

いい感じに燃えている。

f:id:akibitokun:20220919114639j:image
f:id:akibitokun:20220919114651j:image

昼食は途中のコンビニで買ったあさりごはんと春巻き。

f:id:akibitokun:20220919114635j:image
f:id:akibitokun:20220919114556j:image

タープは二股化した。設営は少々面倒だが内部を広く使えるのがいい。

f:id:akibitokun:20220919114542j:image

食後は例によってハンモックでまったりする。少しだけ冷たい風が心地よい。11時過ぎに車4台で来たグルキャンの皆さんが賑やかだ。

f:id:akibitokun:20220919114630j:image
f:id:akibitokun:20220919114617j:image

おやつはピーナッツかりんとうとマンデリン。

f:id:akibitokun:20220919114605j:image

キャンプ場内で見かけた直火の跡。複数の直火跡があり、草が焼けていた。マナーの悪いキャンパーがいて残念だ。

f:id:akibitokun:20220919114709j:image
f:id:akibitokun:20220919114539j:image

おやつの後に灰をかき出し薪ストーブを冷やす。

f:id:akibitokun:20220919114655j:image

冷えるのを待ってタープの入口を閉じ、薪ストーブをできるだけ中に入れる配置を検討した。

f:id:akibitokun:20220919114600j:image
f:id:akibitokun:20220919114621j:image

煙突ガードがタープに触れるギリギリまで内部に入れてみた。オプションの45度パイプを使えば、さらに本体を内側に入れられそうだ。

f:id:akibitokun:20220919114726j:image
f:id:akibitokun:20220919114609j:image
f:id:akibitokun:20220919114534j:image

ステルスは入口を閉じても完全にクローズできないが、かえってその方が換気には良さそうだ。

f:id:akibitokun:20220919114626j:image

グルキャンでパスファインダー張りをしていたお兄さんが挨拶に来てくれた。ステルス張りと薪ストーブが気になったようだ。

f:id:akibitokun:20220919114722j:image

薪ストーブを片づけて煙突の掃除をする。

f:id:akibitokun:20220919114647j:image
f:id:akibitokun:20220919114613j:image

煙突が内部にどう格納されていたのか、YouTube開封動画を探した。お陰でうまく収まった。煙突のうち1本はTさんが追加購入されたもののようだ。

f:id:akibitokun:20220919114704j:image

17時半過ぎに撤収完了した。車でサイトを出るとき、パスファインダーのお兄さんがわざわざ走って来て挨拶してくれた。気持ちのいいお兄さんだった。グループになると、つい周りが見えなくなりハメを外してしまうこともあるが、個々のキャンパーさんは皆さんとてもいい人なんだと思う。

f:id:akibitokun:20220919114531j:image

相の沢キャンプ場 その80

週末にTさんから薪ストーブのレクチャーを受けることになった。先日一本杉で試した設営で問題なければ、そのまま泊まることにして、いつもの奥のサイトに荷物を運んだ。

f:id:akibitokun:20220919093715j:image

Tさんは前日午後からの前泊。人気YouTuberのANさんも前泊。ANさんとは8月上旬に岩洞湖で初めてお会いして以来だった。さらにお仲間のKさんも加わって、薪ストレクチャーは賑やかになった。レクチャーの後はANさんの薪割り初体験会。最後は4人でレンメルコーヒーを飲みながら雑談したりと楽しい一時だった。

並んだ4本の斧のうち、3本はTさんの斧。

f:id:akibitokun:20220919093623j:image

解散後、タープを張り直し、薪ストーブを入れる準備をする。

f:id:akibitokun:20220919093709j:image
f:id:akibitokun:20220919093726j:image

最初なので様子見のために薪ストーブはタープから少し離した位置にした。

f:id:akibitokun:20220919093650j:image

少し遠くから見るといい雰囲気だ。

f:id:akibitokun:20220919093630j:image

明るいうちに夕食を済ませる。今日は冷凍しておいた手作りハンバーグを持ってきた。

f:id:akibitokun:20220919093756j:image

フライパン返しを持って来なかったので形が崩れてしまったが、おいしくいただけた。外で食べると何でもおいしい。

f:id:akibitokun:20220919093620j:image

夕方、同じく泊まりのKさんとキャンプ場内を散策し、テントを数えたら70組くらいあった。このところずっと雨模様だったので、天気の良い週末を皆さん心待ちにしていたのかもしれない。牧野サイドのテントの明かりが、まるでお祭りの屋台のようだったとKさんが言っていた。

f:id:akibitokun:20220919093806j:image

今夜は中秋の名月。自分のスマホではきれいに撮れない。

f:id:akibitokun:20220919093626j:image

Kさんがナイトモード?で撮ってくれた写真。

f:id:akibitokun:20220919093736j:image

19時に薪ストーブに火を入れる。昼間のレクチャーのお陰でうまく燃えている。

f:id:akibitokun:20220919093730j:image
f:id:akibitokun:20220919093753j:image

燃えすぎてオーバーファイヤーになってしまった。

f:id:akibitokun:20220919093733j:image

煙突も真っ赤!

f:id:akibitokun:20220919093712j:image

本体も赤くなっていた。この後、ダンパー調整で落ち着かせた。

f:id:akibitokun:20220919093719j:image

地面に刺した木の枝にランタンを吊るしてみた。シェードの下の明かりがきれいだ。

f:id:akibitokun:20220919093644j:image

少し冷えてきたと思ったら、Kさんが薪ストーブにあたりに来た。ANさんからいただいたお土産を2人でいただいた。

f:id:akibitokun:20220919093655j:image

22時にKさんが自分のサイトに戻っていった。

f:id:akibitokun:20220919093746j:image

翌朝は5時に起き出す。まずは昨夜の灰をかき出す。

f:id:akibitokun:20220919093739j:image

長い炭は実験的に入れてみた備長炭。燃えきらずに残っていた。

f:id:akibitokun:20220919093637j:image

5時半に薪ストーブに点火。

f:id:akibitokun:20220919093609j:image

朝食は目玉焼きにバナナを入れて軽く焼いたもの。海外のブッシュクラフターの動画で見て一度試してみたかった。動画の彼は一度に5個の卵を使っていたが、さすがにそれは無理だった。

f:id:akibitokun:20220919093612j:image

コンビニで買ったホットドッグを温める。ストーブの上で調理できるのはすごく便利だ。

f:id:akibitokun:20220919093742j:image

朝食の完成。コーヒーは昨日のレンメルコーヒーの二番煎じだったが、十分おいしく飲めた。レンメルコーヒーは二番煎じ、三番煎じでもおいしく飲めると聞いていたが、本当にそのとおりだった。

f:id:akibitokun:20220919093647j:image

朝食後は外を眺めながらまったりと過ごす。昨夜はタープの中に蚊帳を入れて寝た。入口はオープンのままだったが、それほど寒くはなかった。

f:id:akibitokun:20220919093634j:image

11時前に薪ストーブ内の熾火をかき出し、ソロストーブに移す。

f:id:akibitokun:20220919093722j:image

ついでにお湯を沸かす。

f:id:akibitokun:20220919093701j:image

カップラーメンで早めの昼食を済ませる。

f:id:akibitokun:20220919093803j:image

ストーブを片付ける。分解した煙突は薪ストーブの内部に収納できるはずだが、どうしても全部入らない。30分近く悪戦苦闘した挙げ句、諦めた。

f:id:akibitokun:20220919093749j:image

片付けに手間取って13時半にやっと奥のサイトを出た。初めての薪ストーブは、Tさんのレクチャーと着火剤(ベスター)のお陰でなんとなくコツが掴めた気がした。他のタープの張り方でも試してみたい。

f:id:akibitokun:20220919093705j:image