あきびと野遊び雑記

すぐ飽きて、おまけに面倒くさがりな私の野遊びの記録です。

白樺の皮はぎ

知人宅からもらってきた白樺の薪から皮を剥いでみた。白樺の皮は優秀な火口になる。

f:id:akibitokun:20211023192053j:image

ナイフで約10~15cm幅で切れ込みを入れる。

f:id:akibitokun:20211023192110j:image

ナイフの刃先を入れて少しづつ剥ぐ。

f:id:akibitokun:20211023192047j:image

あまりきれいに剥げないが、まぁいいことにしよう。本来は薪からではなく、玉切りの状態で剥ぐらしい。

f:id:akibitokun:20211023192044j:image
f:id:akibitokun:20211023192057j:image

汚いところ、フシのあるところ、細い薪はパス。

f:id:akibitokun:20211023192100j:image

小一時間で終了。

f:id:akibitokun:20211023192041j:image

右はお盆の頃、スーパーで売っていたカバ(白樺の皮)、左は今回剥がした皮。これまでの経験では、拾ってきた皮は火付が良く、スーパーのカバは火付が良くない感じがする。今日剥いだ皮はどうだろうか?

f:id:akibitokun:20211023192050j:image

ベランダに並べて干す。

f:id:akibitokun:20211023192107j:image

もらってきた白樺は乾燥が足りず、今年は使えないと言われた。とりあえず、ベランダに積んでおく。

f:id:akibitokun:20211023192103j:image